あなたはどのタイプ?便秘を起こす4つの不足

便秘は病気ではないからそれほど気にするものではないという人も居れば、便秘は心身ともに不具合を起こすものだから、早急に対処するべきだという人も居ますよね。 慢性的な便秘は栄養の吸収を妨げるだけでなく、栄養不足からくる過食症状、消化不良、代謝や免疫力の低下、腹部の張り、体臭の悪化、肌荒れなどを引き起こしますので、毎日スッキリとさせたいものですね。 実は20代~30代の女性では、約74%の方が便秘に悩まされていると言われています。 若い世代の女性に便秘症の方が多いのはなぜでしょうか。 ●筋肉量の不足 もともと女性は筋肉が付きにくいものですが、運動量の低下やダイエットにより、便を押し出すための腹筋の力が弱く、便秘になりやすくなります。 また、お腹の中で腸を支えるだけの筋肉がないと、腸がゆるんで垂れ下がり、垂れ下がった場所に便が留まりやすくなり、便の重みでさらに腸が垂れ下がってしまい、酷い便秘に悩まされるようになります。 アスリートのように割れた腹筋を目指す必要はありませんが、駅の乗り換えや2~3階の移動なら、階段を使うようにしましょう。 ●食事量の不足 ダイエットは女性の永遠のテーマのようなものですが、食べる量が少なくては便の元となる物が不足してしまいます。 食べる量が少ないから便が少なくても良いというものではありません。 便は食べ物の残りカスだけではなく、体内での役目を終えた細胞や腸内細菌なども含まれています。 死んだ細胞をいつまでも体内に溜め込む事の無いように、食事はしっかりと摂るようにしましょう。 ●リラックス不足 ストレスや緊張状態が長く続くと、交感神経の働きが活発になり、副交感神経は働きが弱くなります。 腸の働きが良いのは副交感神経が活発に働いている時ですので、副交感神経を優位にするリラックスタイムを持つようにしましょう。 ●水分不足 口から入った食物は、長い腸の中で栄養や水分を少しずつ吸収されていくものです。 水分の摂取量が不足していると、便の水分が少なくなり過ぎて硬くなり、曲がりくねった腸内を上手く動かなくなります。 むくんでいると太って見えるから、お洒落な靴が履けなくなるから、痛みがでるからと言って、水分を控え過ぎていては便秘になりやすくなります。 十分な水分と、便に水分を残しやすくする、水溶性の食物繊維を摂るように心がけましょう。

便通が良くなる食べ物で便秘を解消しています

私は便秘になった時、なるべく薬に頼らないようにしています。 私は体質的に薬を飲むと副作用が出てしまうからです。 そのため、便秘もなるべく食べ物を変えて解消するようにしています。 私が一番困った便秘は健康診断で、便を提出しなければいけない時です。 便を採取する日も決まっていますし、便の固さも重要です。 硬すぎても柔らかすぎても、便を上手く採取することができません。 私の場合は便秘と下痢を繰り返すタイプなので、健康診断の時にちょうど良い便を提出するのが、なかなか大変な作業です。 以前職場で同じような悩みの人がいたので、対策を聞いてみました。 やはりその人もちょうど良い便を促すために、食べ物で調整していると言っていました。 私の場合はキャベツが有効食材です。 普段からキャベツは良く食べているのですが、健康診断の前になるとかなり大量のキャベツを毎日食べるようにしています。 さらにキャベツは加熱せずに、生のままで千切りにしたものを山盛りで食べます。 1週間くらい前からその食生活を行うことで、かなり便通が良くなってきます。 最初の数日はあまり変化がありませんが、3日目くらいから徐々に便通が良くなってきます。 キャベツは食物繊維が豊富で水分もたっぷりと含んでいるのが良いようです。 腸内環境を整えるためにヨーグルトも毎日食べていますが、私の場合は便通自体にはそれほど効果が見られないような気がします。 それぞれ個人ごとに自分に合った便通の良くなる食べ物が違うのかもしれません。

便秘になるいくつかのきっかけに注意

便秘気味になってしまうのには、いくつかきっかけがあると思うんです。まずはじめに「トイレを後回しにすること」です。これ、みんな結構やってしまっていませんか?お腹を壊している時以外、便意というのはそれほど痛いものでもないので、すぐトイレには行かないのです。でも、これを繰り返していると便意を伝える直腸がそれに慣れてしまって、すぐに行かなくても平気になってしまうのです。そして、いつしかすっかり便秘体質に...。ムムッ?と思ったら我慢せずにすぐトイレに行きましょう。 それから、「いつも気が張りつめている」のも便秘になりやすいです。何事にも一生懸命なのは良いことですが、食事とトイレの時間くらいは一生懸命モードから解放してあげましょう。特に朝が大事です。ゆっくりと朝食を食べることで腸も動き始めますので、バナナだけでも構いませんから摂りましょう。そして、イライラせずに落ち着いてトイレに入りましょう。トイレの中の環境も、きれいなマットやタオルを使い、落ち着ける雰囲気を作るとほっと出来て良いですね。 そして、「食事の量を減らすダイエット」も便秘のきっかけになりやすいです。ダイエットの目的で、野菜中心の食事にすることがありますが、食べる全体量そのものが少なかったら便も出なくなってしまいます。また、油を控えすぎても便がスムーズに出なくなりがちです。便秘が長く続くと太る原因にもなり、本末転倒になってしまうので、ほどほどに脂肪分も必要です。 日頃の生活のパターンを見直して、便秘のきっかけを自分で作ってしまわないように気をつけましょう。

乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命 乳酸菌革命

このページの先頭へ